アセット 2.png

種子島をこよなく愛した人が残した植物園

1日1組限定の「泊まれる植物館あずまや」へ

​種子島の伝統技術・自然素材を使いリノベーション

​種子島の自然と共に暮らす日常

6db71fd4-9a59-4c47-ad19-142f0d53aad5.JPG

鹿児島南埠頭から高速船で1時間半にある種子島西之表港から車で15分

​近くにサーフスポットや海水浴場、釣り場、静かな場所に滞在したい人など、泊まれる植物館あずまやは、

種子島観光の拠点にとっておきの場所です。

住吉という小さな港町の集落、里之町にある「泊まれる植物館あずまや」は、

一級建築士事務所studioKANROが、種子鋏や陶芸、樹々や土、草木染など

島の伝統技術と自然素材を駆使してリノベーションし、2018年8月に完成しました。

2020-02-11.png

左上:住吉窯による種子島焼のタイルキッチン  右上:墨入り漆喰と種子島の杉梁

左下:ビワで染めたカーテンと種子島杉のサッシ 右下:鉄の間 種子鋏の職人による鉄棚板と砂鉄を配合した漆喰壁

2020-02-11 (1).png

鍛冶屋、左官屋、陶芸家や染色家など様々な分野のプロたちが丹精込めて作り上げた空間となっています

あずまや2.jpg

あずまやの庭には、かつての家主が植物博士として自ら集めた種子島の固有種や絶滅危惧種を中心に約200種類の草木が生息しています。

たくさんの草花やお生い茂る樹々に囲まれながら宿泊という時間をゆったりを過ごすことができます。

また、季節によってはトマトや蜜柑、パッションフルーツ、ショウガやニンニクがあり、収穫し食することもできます。

azumaya.jpg
FH020026.JPG

沢山の蝶々が舞い、鳥たちの楽しそうな声、夜には満天の星のもと人々が『あずまや』に集います。

​~利用案内~

あずまやは、最大8名まで宿泊可能な1日1組限定の貸し切り宿です

 

FH020012.JPG
内観(天井引き).jpg

◇宿泊室

あずまやは、一棟貸しの建物の中に3部屋、宿泊室があります。

​各部屋から外の植物を感じることができ、エアコンも完備しているため、快適に宿泊していただけます。

FH040010.JPG

和室(ふとん×最大3名)

 

FH040026.JPG
FH000017.JPG

​アメニティセット

◇設備・アメニティ―

〇エアコン全室完備

〇調理設備

 キッチン・調理器具一式

 (調味料・水2L、お茶2L)

 炊飯器+お米1升

 冷蔵庫、電子レンジ

 BBQセット

​ 種子島の焼酎数種類

〇浴室1か所(湯舟・シャワー)

〇洗濯機(洗剤あり)、ハンガー

〇バスタオル+ハンドタオル

〇歯ブラシ、オリジナルせっけん

〇シャワーキャップ、カミソリ、クシ​

※食事の提供はありませんので、あずまやでの自炊や近くのカフェや飲食店、商店などでお食事していただくようになります

和室(ふとん×最大3名)

 

​洋室(シングルベッド2台)

 

78833BAB-860B-43B9-A66B-5BD5BE5A9FB0.JPG